本当に存在する驚くべきもの

本当に存在する驚くべきもの
世界は信じられないほど素晴らしいもので溢れている場所であり、多くの人は現実だとは考えていません。輝く森、涙を流す氷河、空に広がる森、そしてそれはあなたの体にもあるかもしれないし、ないかもしれない本当に奇妙なものだったりします。これらを調べるにはあなたの助けが必要です。しかし、まずは実際に存在するこれらの驚くべきことをご紹介します。

素敵な白い砂浜で海の青い海を散歩し、バブルガムピンクの湖につまずいたと想像してみてください。もしこれが実際の体験だとしたら、それはあなたがオーストラリアのレイクヒリアーかハットラグーンにいるということになるでしょう。ミドルアイランドにある永遠に続くようなイチゴのミルクセーキ色は、水中の塩のレベルが非常に高い、デュナリエラと呼ばれる単細胞植物によるものです。夏に湖の塩分濃度が最も高くなると、植物はカロテノイドと呼ばれるピンク色の化合物を生成します。

それは確かに非現実的のようですが、ここは奇妙な色の水を目にする唯一の場所ではありません。ブラッドフォールズは、南極大陸のマクマードドライバレーのテイラー氷河から流れる5階建ての赤い血の滝です。1911年に最初に発見されましたが、実際に血液が流れてるようすを想像させるだけなので、一部の人々を本当に驚かせたに違いありません。当初、探検家は赤い色は藻類に由来すると考えていましたが、真実はそれよりもさらに別の意味があることが判明しました。約200万年前、テイラー氷河は、古代の微生物のコミュニティを含む小さな水域をその氷の下に閉じ込めました。光、酸素、熱がほとんどない場所に存在するこれらの微生物は、「原始の液体」の定義です。そして今まで何百万年もの間、氷の下に閉じ込められてきました。染み出している水は非常に高い塩分を持ち、その色を滝に与える鉄分が非常に豊富なのです。

地球上には超大型のものがいくつかありますが、二ホンクモガニはその一つです。それは、40ポンド(18kg)の重さで、13フィート(4m)の長い脚を持つ漁師にとっては豊作です!このカニは最大の称号を得て、100歳まで生きているカニの中で最も長い寿命のカニかもしれません!しかし、彼らは足が非常に長いため、ニホンクモガニは一生のうちに怪我をしたり、足の1つまたは2つを失うことなく長く生き残ることができないということです。ある研究では、調査したカニの4分の3が少なくとも1つの肢を失っていたことがわかりました。食べられることから身を守るために、子どものカニは、貝を昆布や他の海の物体でカモフラージュすることができます。

本当に存在する驚くべきもの
ブログランキング・にほんブログ村へ  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

アクセスランキング