【免罪と疑惑】首都圏女性連続殺人の小野悦男事件の真相

【概要】
1968年から1974年にかけて、千葉県、埼玉県、東京都の首都圏で多発した連続女性暴行殺人事件。

事件内容は1人暮らしの女性が深夜、強姦された上で殺害されるというものであった。被害者の大半は20代で、現場に残されていた加害者とされる血液型はO型の事件が多く、殺害方法は暴行焼殺9件に暴行穴埋め2件と手口に類似点があったため、同一犯によるものという見方が強かった。

1974年9月12日、茨城県行方郡北浦村(現行方市)生まれの元建設作業員、小野悦男(当時37歳)が窃盗容疑で千葉県警松戸警察署に逮捕され、連続焼殺事件への関与を追及された。

コメント

タイトルとURLをコピーしました