瞳の色を変え、2週間で視力をアップさせる簡単な3つの方法

瞳の色を変え、2週間で視力をアップさせる簡単な3つの方法
あなたがスマートフォンやタブレット、パソコン、そしてテレビを観るのに多くの時間を費やしているなら、目には相当悪いことをしていますし、かなりのダメージを負わせていることになります。本当に目のことを考えずに酷使し続けると、視界の歪みがとてもひどく、そして疲れやすくなり視力が低下します。視力が低下すると、今度はどの眼鏡やコンタクトを選ぶか、高価な視力回復手術のために節約するかなど、次から次へと新しい問題が出てきます。ですから自然な方法であなたの視界をケアして行くことがとても重要なのです。この動画では、視力を回復させるための方法を紹介します。

日頃からタマネギ、 ニンニク、ケイパーを食べている人は、これらの食材に豊富に含まれているレシチン、硫黄、システインを摂取することが出来ます。これらは、目の水晶体を白内障から守ってくれます。一日あたり1,000mgの量のオメガ3脂肪酸は、ドライアイや黄斑変性症になるのを防ぎます。なので、 サバ、 ニシン、 マグロ、 サーモン、 クルミ、および 亜麻仁は食生活の中で頻繁に取り入れましょう。魚介類をあまり食べることが出来ない場合は、魚油サプリを購入するという選択肢も良いでしょう。緑の葉野菜、サツマイモ、ニンジン、カボチャには、β-カロチン、ゼアキサンチン、ルテインが含まれています。これらの要素は、太陽によるダメージからあなたの目を守ります。

パソコンを使う時間をなるべく減らす。仕事にパソコンが欠かせない場合、これは簡単ではないでしょう。しかしながら、一日中パソコンの画面を見つめている人であっても、そのマイナスな影響を減らすことは出来ます。ルーティンワークに20-20-20ルールを取り入れてください。このルールは、20分ごとに、20秒間20フィート、約6メートル先の位置を見るというものです。 瞬きを忘れないでくださいね。瞬きによって涙が作られます。涙は目をリフレッシュさせ、潤すために必要です。 画面のフォントサイズを大きくし、画面のコントラストをより明るくしてください。こうすることで文字を読むのが楽になりますよ。 モニターはあなたの前にまっすぐ置く必要があります。画面は、目の高さよりも少し下になるよう調整しましょう。

近くと遠くに焦点を当てる。このエクササイズは、大幅に目の筋肉を強化することが出来ます。このエクササイズは立った姿勢でも、座ったままでも行うことが出来ます。3〜6メートル離れた先に目標を決めて、焦点を合わせます。そのまま10〜15秒間見つめます。 そして、顔から25センチ程離したところに置いた親指に焦点を合わせて10〜15秒間見ます。

ブログランキング・にほんブログ村へ  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする