ガンシップ AC-130 機関砲・榴弾砲 発射

AC-130は、ロッキードC-130 ハーキュリーズ輸送機に重火器を搭載できるように改造した対地専用攻撃機である。

ガンシップ・プロジェクトIIに基づいてロッキードC-130 ハーキュリーズに武装を施した機体である。
初期型のAC-130AはAC-119同様M134 7.62mmミニガン4挺とM61 20mmバルカン4門を装備していたが、9K32(SA-7 グレイル)やFIM-92 スティンガーなどの携帯式地対空ミサイルの発達と普及に伴い、長射程大火力のボフォース L60 40mm機関砲やM102 105mm榴弾砲が追加され、AC-47やAC-119とは桁違いの重武装と大火力を有するようになった。 武装は機体左側面に装備され、目標を中心に左旋回しながら攻撃する。これは、左側に座る機長が目標を視認しやすいためである。元となった機体が輸送機なので大量の弾薬を搭載でき、長時間に渡っての射撃が可能になっている。

アメリカ空軍では現存のAC-130Uの近代化改修案として、25mmガトリング砲と40mm機関砲を2門のブッシュマスターII 30mmチェーンガンに、105mm榴弾砲を後装式の120mm迫撃砲に換装するほか、スタンドオフ攻撃能力を与えるためにAGM-114 ヘルファイア対戦車ミサイルとハイドラ70ロケット弾の運用能力を付与する計画が存在していたが、キャンセルされた。後に、精密な近接航空支援に特化した改修案「AC-130J」が発表され、前述のスタンドオフ攻撃能力として精密爆弾やミサイルを搭載し、代わりに固定武装をブッシュマスターII 30mm機関砲1門に削減している。
2015年5月16日に最後のAC-130Hスペクターガンシップである、第27特殊作戦航空団第16特殊作戦飛行隊所属“エクスカリバー”69-6569号機が退役した。
なお、AC-130UスプーキーとAC-130Wスティンガーは現役にとどまっており、前述の長胴型最新機AC-130Jゴーストライダーの配備も始まっている

コメント

タイトルとURLをコピーしました