飛行機の翼に付いているライトの色が違う理由って?飛行機に隠された疑問を解明!

みなさんは、周りの事によく気づく方だと思いますか?そんな人は、飛行機の片方の翼の先端についたライトが緑色で、もう片方は赤だという事にも気づいているかもしれませんね!なんで色が違うの?その答えが知りたいという人に必見!

これらの高輝度な赤と緑のライトは、尾にある白いライトと一緒で、飛行機の航行灯と呼ばれているものです。左翼の先端は赤く、右翼は緑色。どんな時でも付いています。航行灯とは別に、飛行機の上部と下部の胴体には、赤く光る衝突防止灯が取り付けられています。どのような役割があるのか見ていきましょう!

タイムスタンプ:

パイロットが衝突を避ける方法 0:44

赤く点滅する光 1:08 タクシー灯 1:44

翼端に取り付けられた白い閃光灯 2:21

エンジンに付いている白いらせん状のマークは何?2:50

何で飛行機の窓には小さな穴があるの? 3:34

翼にフックが付いている理由って? 4:09

座席をより広く使う方法はある? 4:42

離陸時と着陸時にライトが暗くなるのはなぜ? 5:18

何で飛行機は空に飛行機雲を残すの? 5:54

飛行中に飛行機のドアを開く事はできる? 6:17

雷の中、飛行するのは安全? 6:55

飛行機によって座席と窓が揃っていないのはなぜ? 7:22

飛行機の中で最も安全な座席はどこ?  7:56

何で客室乗務員は頻繁に頭上の荷物入れに触れるの?  8:27

客室乗務員が飛行機で仮眠する場所ってどこ? 8:54

コメント

タイトルとURLをコピーしました