アーノルド・ジェンスが残した100年前の日本をご覧下さい。

ドイツで生まれたアメリカ人の写真家・アーノルド・ジェンスArnold Genthe(1869〜1942)は、
1908年(明治41年)に日本を訪れ、
約6ヶ月を日本で過ごし、日本の日常風景を撮影しました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました