原初の遊牧騎馬民族「スキタイ」製鉄技術とヒッタイトとの関連性とは?

18世紀に自動車や鉄道が発明されるまで、人類の移動手段は「馬」でした。

馬の家畜化が始まったのは、一説では紀元前4000年頃まで遡るそうですが、
やがて遊牧騎馬民族の登場で、長距離の移動が可能になり、
中央ユーラシアに移動革命がもたらされました。

今回ご紹介するのは、最初の遊牧騎馬民族とされ、
人類で初めて馬を自在に操り、戦闘に用いたとされている「スキタイ」です。

スキタイは文字を持たず、あまり記録が残っていない謎の民族です。
そんなスキタイですが、近年の調査によって
興味深いものが出土しており、その実像が明らかになりつつあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました