和歌山県伊都の九度山町の限界集落と田舎散歩中の廃校風景などなど。

和歌山県九度山町は大部分が山と森で、北部の紀ノ川周辺に民家が集中している。
丹生川沿いにも農村があるが、面積の大半を占める南部の山間地は過疎化が進んでいる。
山地に在った小学校は廃校が進み、集落も住む人が減っている。
丹生川沿いにはキャンプ場が並び、夏休みには行楽客で賑わう

コメント

タイトルとURLをコピーしました