神代文字で遺された古代日本の伝承と幣立神宮の謎とは?

日本は、森羅万象に御坐す八百万の神によって守られている。
古来、縄文時代から現代に至るまで日本人に深く根ざしている信仰といえるでしょう。

その信仰の表れとして、日本には様々な神々を祀る神社・仏閣が数多く存在します。いわゆるパワースポットとして、癒されたり元気がもらえたりすると大変人気がありますよね。

幣立神宮は一説では日本最古級の神社と言われ、数多くの伝承が残されています。
今回は、幣立神宮と神代文字が刻まれたご神体、
日文石板や神社にまつわる伝承についてご紹介したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました