温泉アイドル凛華ちゃんが露天風呂の塩原温泉「柏屋旅館 雷ていの湯」に入浴。

温泉アイドル凛華ちゃん「凛華の〇裸レポート💛幻想の絶景!渓谷露天風呂 塩原温泉「柏屋旅館 雷ていの湯」
幻想の絶景!渓谷露天風呂 塩原温泉「柏屋旅館 雷ていの湯」
(レポーター:櫻野凛華)

こんにちわ、現役女子大生の凛華です。

普段は都内の大学に通う現役女子大生です。小さい頃から両親と一緒に温泉に連れて行ってもらった関係から、今でも休みが取れたら温泉に行きたい、温泉や銭湯の誘いがきたらまず断らない!という温泉好きの20代。お気に入りなのは、あまり知られていない秘湯の温泉地です💛

以前の私の抱いていた「混浴」「秘湯」のイメージは、「恥ずかしい」「落ち着けない」「楽しめない」『秘湯なんか、混浴好きのオジサンの行くところ』と最初は思っていました。

確かに秘湯には着替えるところが少ない(たまに地面に服を置いたりすることも)、虫が来る(アブやハチや蚊が寄ってくる)、ワニが寄ってくる(ワニとは女の人の裸を見るために混浴温泉で1日中湯船に浸かっていたり、付近で待機している人のことを言う)というマイナスイメージばかりですが、実際に色んな混浴温泉に入ってみて、「それは勿体ない!」って感じてきたことです。

なんといっても、“めちゃ凄い温泉って混浴が多い”ってことです。

絶景の露天風呂や、とにかくだだ広いお風呂、野趣満点のワイルドなお風呂などは、囲いで覆ってしまったり、男女別の仕切りを作ったりすると、そのお風呂の良さは半減しますし、何よりも景観が損なわれます。まして女性専用のお風呂ではまずこの感動体験は味わえません。

まして、そんな楽しい素敵な温泉に、皆さんと一緒に入ることで、旅はもっともっと楽しいものになることでしょう。

小さい頃から高校生になるまで家族全員と温泉に浸かってたためか、さほど男性の前で裸になることには抵抗がありません。近寄って来て身体をジロジロ見ない限りは、普通にお湯に浸かっておれば気にはならないものです。また黙って見られているより、気さくに声を掛けていただき旅や温泉、地元のグルメの話でもして頂ければ楽しいですし、それが同じ湯の中に入る者同士のマナーだと思っております。

*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜。:+*.゜

今回は、渓谷美が幻想的な秘湯の旅館「塩原温泉・柏屋旅館」の「雷ていの湯」に行ってきました~!

コメント

タイトルとURLをコピーしました