えっ??なに、この温泉街!!こんな所まだ日本にあるの?

えっ??なに、この温泉街!!こんな所まだ日本にあるの?
長門市、俵山温泉街。
木屋川上流部の湯治場として現在までその独特の町並みと様式を保っている数少ない温泉街。歴史は古く。1100年前白猿に化けた薬師如来が発見したと伝えられてます。
ここに来ると、ほんとなんか時代をタイムスリップって感じで、裏道を散策すると、とってもいい感じなのです! 旅館はけっこう数があり、そのほとんどが伝統的な日本家屋の湯治旅館で、内湯のないところが多く、温泉は公共の掛け流し外湯「白猿の湯」「町の湯」に通う。
でもこの白猿の湯、町の湯両方、最近どこにでもあるなんとかスパみたいで、私的にはちょ〜興ざめ、日本の行政はほんと町並みに関する認識が甘い!っていうか、ないね! これを憂うべき問題と思うのはヤベエオレ角鹿だけか、、、ちなみに「三猿まんじゅう」が名物であるらしい。

えっ??なに、この温泉街!!こんな所まだ日本にあるの?
ブログランキング・にほんブログ村へ  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

アクセスランキング