【毒殺】トリカブト保険金殺人事件!度重なる急死の恐るべき原因とは【恐怖の事件簿】

【毒殺】トリカブト保険金殺人事件!度重なる急死の恐るべき原因とは【恐怖の事件簿】
トリカブト保険金殺人事件(トリカブトほけんきんさつじんじけん)とは、1986年(昭和61年)5月20日に発生した保険金殺人事件。
凶器として、トリカブト毒(アコニチン)が用いられたことが大きく報じられたほか、司法解剖を行った医師が被害者の血液などを保存していたため、その後の分析で殺人であることが発覚した事件である。

【毒殺】トリカブト保険金殺人事件!度重なる急死の恐るべき原因とは【恐怖の事件簿】
ブログランキング・にほんブログ村へ  

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

アクセスランキング