海界の村を歩く 日本海 黒島(長崎県)

海界の村を歩く 日本海 黒島(長崎県)
鷹島の西海上約4kmに位置している。中央部の最高標高が73m、島全体が台地で、高さ40〜60mの切り立った海岸線が続く。古くは「石島」と呼ばれ、暮石材の産地として知られていた。島の西方に平戸諸島、北東に壱岐島や対馬が望め、美しい海岸線と好漁場があり、風光明媚な島である。(「シマダス」参照)

海界の村を歩く 日本海 黒島(長崎県)

コメント

タイトルとURLをコピーしました